日記

2021-03-28 14:17:00

かぜ薬の処方

風邪を引いた時は体がつらくて、病院に行くのも一苦労だと思います。
--------------

病院で診察を受けて「では風邪の薬を3日分出しておきます。」と言われて、3日で治らなかった時に備えて『もうちょっと薬を出しておいてくれないかな~』と考える人も多いと思います。これは、医者がケチだからではありません。普通の風邪の見立ての場合、だいたい病気の経過を考えると3~4日で回復することが多いので、この分の処方しかしない場合が多いのです。

これ以上風邪が長引く場合は、肺炎などの別の合併症が発生していたり、他の病気の可能性があったり、療養状況が思わしくない事が多いのです。そのため、同じ薬を飲み続けることは有効でない場合があるのです。長引く時は、症状に変化があり(鼻水が咳に変わったなど)薬を変えなければならなかったり、療養状況を指導し直したり、もう少し詳しい検査が必要だったりするので、再診してもらった方が良いのです。

それに、市販の風邪薬を買っても、普通に飲んだ場合は3~4日分ですよね。市販の風邪薬にも『これで治らなければ医師にかかること』って書いてあるでしょう。