日記

2021-07-14 14:46:00

副腎の働き

気づけば早朝から蝉の声が聞かれるようになりました。
さて今回はおむすびのような形をした副腎についてお話します。
--------------

副腎とはどんな臓器でしょうか?
腎という名前がついているので腎臓の近くにありますが、腎臓の役割とはまったく違う働きをしています。
副腎は、腎臓の上に乗っている、おむすび形をした臓器です。この副腎がないと人は生きていけません。
それは、副腎は生きていくのに大切ないくつかのホルモンを作っているからです。

副腎は、表面にある皮質(ひしつ)と内部の髄質(ずいしつ)からできています。
皮質からはアルドステロンとコルチゾール、アンドロゲンというホルモンが分泌されます。アルドステロンは、体のナトリウムとカリウムの調節をしています。コルチゾールは、蛋白の代謝に関係したり、ストレスに関係しています。アンドロゲンは男性ホルモンです。

一方、髄質からは、アドレナリンとノルアドレナリンというホルモンが分泌されます。アドレナリンもノルアドレナリンも、心拍数を増やしたり血管を収縮させたり、血液の循環状態を調節するホルモンです。