自由が丘、内科、痛くない胃カメラ、大腸内視鏡、消化器、呼吸器、アレルギー、禁煙外来

HOMEリンク

東京都目黒区自由が丘3-10-8 map

03-5701-6777

AGA(男性型脱毛症)

Calender

松原スキンクリニック

Movile Site

qr

携帯電話専用ページをご覧いただく
場合はこちらのQRコードを
ご使用ください。

Clinic Information

松原医院

目黒区自由が丘の内科
東京都目黒区自由が丘3-10-8
東急東横線・大井町線
自由が丘駅より徒歩5分

診療内容
内科、消化器科、循環器科、呼吸器科、内分泌代謝科、アレルギー科、肛門科、神経内科、泌尿器科
胃カメラ 経鼻カメラ(ハイビジョン)、大腸カメラ(ハイビジョン)、超音波(デジタル)、レントゲン(デジタル)、大腸ポリープ切除術

03-5701-6777

自由が丘の松原医院TOP»  AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)

当クリニックではAGA(男性型脱毛症)のご相談を受け付けております。来院時に、治療効果、費用等をご説明させていただきます。当クリニックの診察時間内にお気軽にお越しください。

AGA(男性型脱毛症)とは
成人男性によくみられる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていきます。
一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

AGAは進行します

AGAの人は全国で1,260万人すなわち20~69歳成人男性4,200万人の約3人に1人、そのうち気にかけている人は800万人、何らかのケアを行ったことのある人は650万人といわれています。AGAは進行性です。何もせずにほうっておくと下記のグラフのように髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのためAGAは早めのケアが大切です。

AGA(男性型脱毛症)
注)直径1インチの円内(5.1cm2 / 500円玉位)の平均毛髪数変化試験前平均毛髪数=903本
Kaufman K D et al. Eur J Dermatol 2002; 12(1): 38-49.より

AGA(男性型脱毛症)の治療薬とは~新規・最強治療薬『ザガーロ』について
AGA治療で大切なことは継続することです。効果が現れるまで、通常6ヶ月以上かかります。
また、一回の用量を増やしても効果が増すわけではありません。
用法容量を守り、根気よく治療を続けてください。

プロペシア1mg錠(先発品MSD社) 1ヶ月分7,620円(税抜)
フィナステリド1mg錠(後発品ファイザー社) 1ヶ月分6,667円(税抜)
ザガーロ0.5mg錠(先発品GSK社) 1ヶ月分10,000円(税抜)

ザガーロ0.5mg錠がより最強AGA治療薬として登場しました。その発毛効果は、『デュアル効果』、すなわち、テストステロンをDHTへ変換する1型および2型の5α還元酵素をともに阻害し、DHT濃度を低下させることでヘアサイクルの正常化を促し、毛髪数を増加させます。
したがって、2型の5α還元酵素のみを阻害するフィナステリド(プロペシア)と比較すると約1.5倍のパワーアップした発毛効果が認められます。

AGA(男性型脱毛症)のヘアサイクルとは
男性型脱毛症では、ジヒドロテストステロン(DHT)などの関与によりヘアサイクルの成長期が短縮し、硬毛が軟毛化することで薄毛が徐々に進行します。
ヘアサイクル

AGA(男性型脱毛症)の進行パターンとは
AGAには脱毛が、額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。
進行パターン 進行パターン

クリックすると大きく表示されます。

最強新薬ザガーロのもつ強力なデュアル発毛効果とは ザガーロ
ザガーロは、テストステロンをDHTへ変換する1型および2型の5α還元酵素をともに阻害するデュアル効果で、DHT濃度を低下させることでヘアサイクルの正常化を促し、毛髪数を増加させます。
それは、2型の5α還元酵素のみを阻害するフィナステリド(プロペシア)と比較すると約1.5倍のパワーアップした発毛効果が認められます。
発毛効果

6ヶ月以上続けた方の約90%が効果を実感しています

改善例

臨床成績[フィナステリドを対照とした]・安全性情報

男性のAGA患者20~50歳の917例に、ザガーロ0.02mg、0.1mg、0.5mgの用量反応性を検討するとともに、ザガーロのプラセボに対する優越性、およびザガーロのフィナステリドに対する非劣性を検証することを目的とした。

毛髪数 直径30μm以上の非軟毛の数
毛髪の太さ 直径30μm以上の非軟毛の太さの合計
硬毛数 直径60μm以上の硬毛の数

a)ザガーロの発毛効果

24週時における毛髪数※1の変化量は、ザガーロ0.1mg群および0.5mg群でそれぞれ63.0本、89.6本、フィナステリド1mg群で56.5本、プラセボ群で-4.9本であり、ザガーロ0.1mg群および0.5mg群では24週時において、プラセボ群と比較して毛髪数が有意に増加した。
※1 頭頂部の直径2.54cm円内における直径30μm以上の非軟毛の数

b)ザガーロの育毛効果

ザガーロ0.1mg群および0.5mg群では、24週時において、プラセボ群と比較して毛髪の太さ※2が有意に増加した。
※2 頭頂部の直径2.54cm円内における直径30μm以上の非軟毛の太さの合計

a)毛髪数のベースラインからの変化量(24週時)
b)毛髪の太さのベースラインからの変化量(24週時)

クリックすると大きく表示されます。

承認時評価資料:第Ⅱ/Ⅲ相国際共同試験(第Ⅲ相試験:非劣性試験)(海外、ARI114263試験)
Gubelin HW, et al.: J Am Acad Dermatol, 70, 489-498, 2014より改変

ページトップへ戻る